月額約500円のバーチャルオフィスはある?格安料金のデメリットは?

月額500円の格安バーチャルオフィス

できるだけ安くバーチャルオフィスを借りたいという方も多いでしょう。果たして、月額約500円でバーチャルオフィスを利用することは可能なのでしょうか?

この記事では、格安の約500円で借りられるバーチャルオフィスが実際に存在するのか、そしてそのような価格帯での契約に際してのデメリットを解説します。さらに、約500円で契約が可能な3件のバーチャルオフィスを紹介し、コストパフォーマンスを最大限に活用する方法を探ります。

目次

バーチャルオフィスの相場は?

住所だけ利用するバーチャルオフィスの場合

バーチャルオフィスの料金相場にはいくつかのパターンがあります。住所利用のみで法人登記ができない場合は、料金は1000円以下が一般的です。もしコワーキングスペースを利用するプランを選ぶと、そのスペースの利用料が加算されることが多いです。

法人登記ができるバーチャルオフィスの相場

一方、法人登記が可能なプランの場合、1000円から2000円程度が相場となっています。さらに、有名なビルの住所を利用することや、コワーキングスペースを利用できるプランを選ぶと、料金が高くなっていきます。

格安バーチャルオフィスのデメリットはある?

必要なサービスが含まれているか?

格安のバーチャルオフィスを契約する際には、いくつかの重要なポイントに注意する必要があります。まず、提供されるプランの詳細をしっかりと確認しましょう。特に、郵便物の受取が必要かどうかは契約前に明確に把握することが重要です。受取のないプランは、料金が安く設定されていることが多いため、不要であればそれを選ぶと節約できます。

また、クライアントとの打ち合わせやセミナーを開催するなど、会議室やセミナールームの使用が見込まれるビジネスを展開する場合、これらの設備を利用できるサービスを契約すると、トータルでコストが抑えられます。

かなこ(マイクロ法人)

法人登記をする場合は、税務署からの書類や社会保険料の納付書などが届くので、郵便受取や転送があるプランがおすすめです。

あいり(ネットショップ運営)

ネットショップ運営の場合は、返品の郵便物がない商品だったら、郵便受取がないプランにするとコストを抑えられます。

希望の住所が使えるか?

渋谷や銀座のような人気スポットにも格安のバーチャルオフィスがありますが、格安のバーチャルオフィスを探していると、提供される住所が限られることがしばしばです。実際、希望する都道府県に格安のバーチャルオフィスが存在しない場合も考えられます。

もし、希望する住所にお手頃な価格のバーチャルオフィスが見当たらない場合、コストと希望する住所のどちらを優先するかの選択を迫られることがあります。

バーチャルオフィスの月額料金を安くするコツ

バーチャルオフィスの月額料金を節約するためのコツとして、年間契約を選ぶ方法があります。

例えば、バーチャルオフィスのレゾナンスの登記ができるプランは、単月契約の場合は月額3,300円がかかりますが、年間契約を選択することで、料金は月額1,650円に削減されるのです。さらに、週1回の郵便転送を、月1回のプランにすると、月額990円になります。

郵便転送の頻度や契約期間を見直すことで、月額料金を安くすることができます。

かなこ(マイクロ法人)

登記の住所変更はお金も手間もかかるので、一度登記したらほとんど住所変更しません。年間契約にした方がコスパがいいですよ。

約500円で住所貸しが利用できるバーチャルオフィス

500円以下で住所貸しができるMETSオフィス

出典:METSオフィス
スクロールできます
月額料金270円〜
初期費用3,850円
拠点新宿三丁目・日本橋兜町・新宿御苑・赤羽
法人登記1,430円/月〜
住所貸し270円/月
郵便転送あり(月1・週1・即時・来店)
電話転送電話・電話代行
貸し会議室あり
銀行紹介口座開設実績(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行他)
スクロールできます
ライトプランビジネス
郵便受取
ビジネス
月1転送コミ
ビジネスプラス
郵便受取
ビジネスプラス
月1転送コミ
月額料金2701,100円(年間)
2,090円(半年)
2,200円(単月)
1,375円(年間)
2,376円(半年)
2,750円(単月)
1,430円(年間)
2,585円(半年)
2,970円(単月)
1,540円(年間)
3,135円(半年)
3,300円(単月)
入会金※3,850円3,850円3,850円3,850円3,850円
デポジット0円0円0円0円0円
登記
特商法表記
郵便転送月1回
(送料無料)
月1回
(送料無料)
店舗受取
※入会金3,300円+事務手数料550円 

METSオフィスは月額270円の格安料金で特商法の住所表記ができる住所をレンタルできます。月額270円は他のバーチャルオフィスの追随を許さない安さです。

しかし、郵便は店舗受取も転送も含まれていないので、返品対応があるネットショップには不向きです。電子書籍やアプリなどリアルなモノがなく郵便での返品がないネットショップの住所表記にはおすすめです。

550円でネットショップ用住所貸しがあるレゾナンス

スクロールできます
月額料金990円〜 月額料金3ヶ月無料キャンペーン中
初期費用5,500円
拠点銀座・青山・渋谷・日本橋・浜松町・新宿・恵比寿・横浜 
法人登記990円/月〜
住所貸し550円/月
郵便転送あり(月4・週1・スポット・来店)
電話代行あり
会議室あり
銀行紹介みずほ・GMOあおぞら・住信SBI
スクロールできます
月1転送プラン週1転送プランネットショップ
住所貸しプラン
転送電話+
バーチャルオフィス
電話代行+
バーチャルオフィス
月額料金990円1,650円550円3190円〜5390円〜
入会金5,500円5,500円5,500円5,500円5,500円
デポジット1,000円〜1,000円〜1,000円〜1,000円〜1,000円〜
登記
特商法表記
郵便転送月1回(送料実費)週1回(送料実費)週1回(送料実費)
店舗受取店舗による

バーチャルオフィスのレゾナンスは月額550円で「ネットショップ住所貸しプラン」があります。郵便転送ができるので、返品対応があるネットショップ運営でも安心です。

レゾナンスは専用のアプリがあり、郵便が届くと写真付きで到着の連絡があります。封書が届いたのか、箱が届いたのか写真で確認できるので、すぐに転送して欲しい場合は別料金で即日転送も可能です。

格安の料金と郵便受取と転送ができるのがレゾナンスです。

月額550円で住所貸しと法人登記も含まれる京都朱雀スタジオ

出典:京都朱雀スタジオ
月額料金550円
初期費用0円
拠点京都
法人登記550円/月
住所貸し550円/月
郵便転送あり
電話電話転送・電話番号貸出
貸し会議室なし
銀行紹介
月額料金550円
初期費用個人0円
法人6,600円
デポジット0円〜
登記
特商法表記
郵便転送オプション
店舗受取

京都朱雀スタジオは月額550円で住所貸しの利用と法人登記ができます。住所が京都に限定されますが、住所貸しと法人登記がセットで月額550円という料金は格安です!

レゾナンスのように「ネットショップ住所貸し」に限定されないので、インフルエンサーやファンクラブ運営のファンレター用住所、フリマアプリの送付元住所などいろいろな使い方もできます。

郵便転送も1回550円と送料実費なので、良心的な価格設定です。

「住所レンタル」があるバーチャルオフィスランキング(法人登記なしプラン)

あいり(ネットショップ運営)

ネットショップ運営など特商法で住所表示が必要だけど、法人登記やオフィスが必要ない場合は、格安の「住所レンタル・住所貸し」がおすすめですよ

スクロールできます
ランキング第1位第2位第3位第4位第5位
会社名METSオフィスresonanceロゴGMOオフィスサポートロゴDMMバーチャルオフィスバナーバーチャルオフィス1ロゴ
月額270円550円〜660円〜660円〜880円〜
(登記可能)
入会金等3,850円5,500円0円5,500円5,500円
郵便なし転送あり
(週1回)
なし転送あり※
(週1回)
転送あり
(週1回)
エリア新宿/日本橋兜町
赤羽
銀座/渋谷/青山/
新宿/横浜
東京/横浜/名古屋
大阪/京都/福岡
銀座/渋谷/大阪
名古屋/福岡
東京/広島
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
口コミ・評判詳細を見る 詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※宛先不明・返品のみ対応
目次