〒355-0027
埼玉県東松山市美土里町6-67
Tel.0493-81-6162 Fax.0493-81-6163
営業 9:00-21:00




- 「固定資産税」住宅用地の軽減措置 -

住宅(アパート等の賃貸集合住宅含む)を建てると固定資産税が安くなると聞いたのですが、どれくらい安くなるのですか?

住宅用地については200平方メートルまで、固定資産税評価額の6分の1、都市計画税評価額の3分の1となります。

1)居住割合
建物全体を居住用として使用している場合は200uをそのまま使用できるのですが、1階が店舗兼住宅として使用している場合は下記の率が適用されます。

通常の住宅や、2階建て等の通常の賃貸アパート等であれば、2分の1以上を居住用としていれば、建物を全体を居住用として見てくれますので、特に気にしなくても結構です。
注意点は、住宅として貸していたつもりが、実際は事務所として使用していた場合などは、上記の率が適用される場合があります。

2)軽減措置
@ 小規模住宅用地
 住宅の敷地で住宅1戸につき200平方メートル以下の土地
 ・固定資産税の特例額  価格×1/6
 ・都市計画税の特例額  価格×1/3
A 一般の住宅用地
 住宅の敷地で住宅1戸について200平方メートルを超え、住宅の床面積の10倍までの土地。
 10倍を超える部分の土地については、住宅用地の適用はありません。
 ・固定資産税の特例額  価格×1/3
 ・都市計画税の特例額  価格×2/3

[ 具体例 ]
住宅の床面積 50m2
住宅の敷地総面積 600m2(一画地)

200m2は評価額の1/6(都市計画税は1/3)
200m2を超え、床面積の10倍までの面積は評価額の1/3(都市計画税は2/3)

例えば雑種地の固定資産税30万円
 → アパートを建築すると5万円に減額 年間25万円の減税
プラス、相続税における貸家建付地評価により評価額の減額
 → 2,200万円×借地権割合50%×借家権割合30%=330万円の評価減

ということで、遊休地がある場合は住宅を建てると節税になります。
但し、賃貸収入が入ると所得税・住民税・国民健康保険税等の税金も増加しますので、税理士に一度相談するといいと思います。

固定資産税 1.4%
都市計画税 0.3%

inserted by FC2 system